文野旅行社は、在ブエノスアイレスの日系旅行会社です。メール、お電話、FAXなど全て日本語対応です、お気軽にご相談ください

プエルト・マデロ 地区   - BARRIO PUERTO MADERO -

プエルトマデロ地区は、レティロ地区や、サンニコラス地区、モンセラート地区などと隣接している、ラプラタ川に面した地域です。1880年から1890年ぐらいにかけて建設された港や港湾施設だった地域でしたが、 船の大型化などにより、港としては、あまり機能しなくなってしまいまい、荒廃した状況となってしまいました。1990年ごろから、この地域の再開発 がはじまりました。

写真 プエルト・マデロ地区の風景

この再開発により、毎年、プエルトマデロの風景が変わってきております。もともとの港だった、DIQUE1から、DIQUE4までの運河沿いには、古くからあった 赤レンガの倉庫などが、高級レストランやお店などに生まれ変わっています。 運河沿いのレストランからは、素晴らしい風景を眺めながらお食事をお楽しみいただけます。夜景もきれいです。運河から、さらに、ラプラタ川沿いには、多くの高層マンションが立ち並んでおり、レコレータ地区と並ぶ(もしくはそれ以上の)高級住宅街になっております。また、きれいに整備された緑あふれる公園などもございます。

写真 左 プエルトマデロの運河  左中 サルミエント号  右中 プエンテ・デ・ムヘーレス  右 プエルトマデロの風景

プエルトマデロの運河には、変わったデザインの歩行者のための橋、プエンテ・デ・ムヘール(女性の橋)がかかっています。この橋の名前もそうですが、プエルトマデロ地区の道の名前はみな女性の名前となっています。運河には、サルミエント号と、ウルグアイ号の2隻が停泊され、現在は、博物館として一般に開放されています。その他プエルトマデロ地区にはカジノもあります。(ブエノスアイレス市内はカジノは、条例により禁止されていますが、船がカジノになっておりますので、営業が認められているようです)また、週末には、大きな規模のフェリアも開かれ、さまざまなものが売られており、ゆっくり見て歩くのもいいでしょう。

写真 左 プエルト・マデロの高層マンション  中 プエルト・マデロの運河   右 トランビア・デル・エスタ  

プエルトマデロ地区のダルセナノルテ港には、ウルグアイのコロニアや、モンテビデオへ向かうフェリーのターミナルになっています。プエルトマデロからコロニアへは、約1時間。モンテビデオへは、3時間。ほどで到着します。その他、プエルトマデロには、新しく開業したライトレール、トランビア・デル・エステも走っています。この路線は将来的には、レティロ駅からサンテルモ、ボカ方面まで延ばす予定のようです

写真 左 プエルト・マデロの高層マンション  中 レセルバ・エコロヒカからの風景   右 レセルバ・エコロヒカ

再開発の進むプエルトマドリン地域から、ラプラタ川に向かっていくと、レセルバ・エコロヒカ(自然保護地域)があります。この地域は埋め立てにより作られ、現在は、自然保護地域となり、ポルテーニョ(ブエノスアイレスの住民)の憩いの場になっております。保護地域内は、いくつかの散策路があり、自由に散策をすることが出来ます。また、地域内でジョギングや、サイクリング、野鳥観察などをする人々も多く見られます。ブエノスアイレスの雑踏に疲れたら、訪れてみるのもいいかもしれません。ここは、以前、港湾施設だった地域を再開発したものです。古くからあった倉庫などが、今レストランやお店などに生まれ変わっています。ここでは他の地域とは違った、新しい雰囲気を感じていただけます。

ブエノスアイレスでの、ツアー、ホテルなどについての、お問い合わせ お待ちしております。

 
 
 

文野旅行社  - BUNNO TRAVEL-

Suipacha 963,  4to Piso Of.31  - C1008AAS -  Buenos Aires -  Argentina

TEL (54-11)4311-8368   FAX (54-11)4311-8240

 MAIL info@bunnotvl.com  WEB www.bunnotvl.com

Copyright 2005-2014 www.bunnotvl.com All rights reserved.